給料日前の苦しい一週間

毎月の給料日前の急な出費には殆ど対応できないので苦しんでいます。給料と言っても自営なので表現はおかしいのかもしれませんが、それでも毎月所定の日に決まった額だけを自分の給料として用意しています。給料日をずらせば済む事のように思われるかもしれませんが、取引先の関係などを考えると締日と給料日の関係でずらしてもさほど変化がないと判断できる状態になっています。

実際に毎月の収入と生活費や必要なお金のバランスは、本当に殆どゆとりがない状況で、ほぼ毎月のようにぎりぎりのラインで生活をしているので、突然の出費は本当に焦ります。毎月給料日の1週間前くらいに車のローンが引き落としされるのですが、ここから給料日までが厳しい1週間です。

ただでさえ、食費などは妻に節約をがんばってもらっているのに、これ以上は子ども達を含めた家族には無理はさせられないので、どうしても足りない時には、以前に契約をいておいた銀行のカードローンで借り入れを利用するようにしています。借りすぎが怖いので少ない限度額で申し込んであるので、使いすぎの心配は殆どないと言えますが、毎月少し借りては返済という感じになっています。

※家族のために借り入れを考えている方はコチラ

子ども達が、小さかったころは、突然の発熱や病気で病院などに連れて行ったりするだけで、生活費が冷や汗のでるような状況がしばらくの間続くのが習慣となっていました。ここ数年は子ども達も成長をしてくれたおかげもあり、病気やけがもない状況なので以前ほど冷や汗状態にはなりませんが、それでも数か月に一度は銀行のカードローンにお世話にならないと乗り切れない事もあります。

最近では、車のローン以外では大きなローンはないものの自宅のメンテナンスの時期が重なりはじめていて、毎年のように今年は屋根や外壁やと大きな出費が増えているのが、さほどの預貯金のない我が家としては、結果として毎月の生活費で冷や汗ものの生活をしている事になっています。

なんだか、冷静に考えてみるとずっと同じような事で毎月困っているのかと思うともっとがんばらないといけないと感じます。

妊娠を機に変わった事

リハビリ専門職としてフルタイムで働いていましたが、妊娠を機に体調不良のため退職。専業主婦となりました。
妊娠を機に生活も身体も大きく変わりました。

一つ目は身体の事で便秘気味になったことです。
つわりは他の妊婦さんに比べると軽いほうで中期に入るとほとんどありませんでしたが、便秘は本当に辛かったです。妊婦は市販の便秘薬は飲めないので産婦人科で処方してもらった薬のみです。
薬を飲むと楽になりましたが、飲み忘れると本当にお腹が苦しかったです。「私だけ?!」と悩んだ時期もありましたがインターネットで調べると私だけではなかったようなので安心しました(便秘解消妊婦

二つ目は金銭面です。
今まで旦那と共働きで生活していたせいもあり、主婦になるまでは金銭的にかなり余裕がありました。週末に朝から晩までドライブに出かけたり、都内においしいものを食べに行ったり、毎週旦那と遊びまわっていました。

そんな生活から一変、旦那の給料だけでやりくりしなければいけなくなり、大慌て。家計の見直しをしてみると、通信費だけで月4万円、冬の間の光熱費は3万円を超えていました。さらに家賃と駐車場代を合わせて月9万円。他にもありますが固定費だけで給料のほとんどが消えている状態でした。完全に赤字です。

今まで全く自炊などしていませんでしたが、まずは毎日買っているコンビニ弁当・週末の外食をやめました。
さらに通信費の契約の見直しを行うだけで、大分出費は減りました。
旦那の仕事が終わるのが遅い時は、深夜にコンビニ弁当を食べることもありましたが、おにぎりを持たせて会社で食べてもらうことにしました。生活スタイルはだいぶ変わりましたが、確実に出費を減らすことができました。

しかしそれでぎりぎり黒字。これから子供が生まれることを考えるとどうしても貯金がしたいです。ベビー用品を買うのにもお金がかかります。
悩んだ末、私の両親のコネを使って非常勤として施設で短期で働くことにしました。大人になっても親に頼るなんて恥ずかしいという気持ちももちろんありますが、それよりもお金が欲しかったのです。ましてや妊娠中なので普通のところは雇ってくれません。妊婦ということで何かあったら困るのでフルタイムでの労働はできないこと、連日の出勤は控えるよう職場から言われてしまいましたが、何とか月5万円を捻出することができました。

さらにスマホのフリマアプリを使用していらないものを売るようにしました。アニメ関係の物や、未使用品の物は比較的高値で売れるので、お小遣いを稼ぐのにちょうどいいです。
1万円台の高値で売れた時は家計に入れるようにしています。自分で発送しなければいけないため、郵便局に毎回行くのは手間ですが、リサイクルショップに行くよりも格段に高く売れるのでオススメです。

退職してから娯楽費用は殆どなくなり、正直窮屈な生活です。今まで遊びほうけて貯金をまともにしてこなかったツケだと思って、頑張って節約術を身に着けているところです。

アコムやレイクなど消費者金融のイメージ。

私自身は消費者金融をはじめとする、お金を借りた経験はありません。なんとなく、お金を借りることが怖い、金利が高い、返済できないのではないかと言う、マイナスのイメージがあります。

アコムやレイクは、名前を良く聞いたことがあります。テレビのCMでもよく見かけていて、CMなどでは、リズムに合わせているかのように店名を言っていて、どんなものかわかない子どもでも言っていたぐらい親近感があったと思います。私は、菜々緒さんが好きなので今のCMは、良いです。

また、コンビニで手軽に利用できるというアプローチは、今のとりあえずコンビニ世代には、身近に感じられて、とても良いものだと思います。アコムのテレビCMも、永作博美さんとラガーマンシリーズでおもしろく感じます。実際に、ラガーマンが電器屋から冷蔵庫を運んできたら、それはとても驚くと思います。アコムもレイクも、お金を貸す消費者金融ですが、テレビCMの効果なのかわからないですが、とてもさわやかなイメージが持てています。また、アコムは無人契約機のイメージが強く、いろんなところに設置されていて、どこでも、誰でも気軽に申し込みができそうな感じがします。また、ホームページからもお金を借り入れたり、返したりすることができると聞いたことがあり、とても便利だと思います。

また、レイクにもレディースレイクという女性による女性のための貸し出しできる文面があり、私は借りる予定はないですが、女性でも気軽に借りれるイメージがあります。

私の場合はお金を借りるではなくてお金を作るほうを選ぶので消費者金融の利用はないですね。先日も、どうしても現金が必要だったので、家中のいろいろと不要なものなんかを引っ張り出してきて、オークションに出したり、買取業者に買い取って貰ったりしてお金を作りました。

一番高価になったのがセリーヌのバッグですね。昔の彼に貰ったもので、使ってもいなかったので、置いて置いても日が経てばそれだけ価値も下がると思い、買い取ってもらうことにしました。

ココで査定をしてもらって、買い取って貰いました。→セリーヌを買取りしてくれるブランド専門店※財布やバッグを高く売るなら

 

携帯代が払えなくて一か月輸出用中古車清掃作業のアルバイトをしました。

1か月ほどの短い期間だったのですが、携帯ゲームで課金をしすぎて携帯代が恐ろしい額の請求がきてしまい、携帯代払えない状態になってしまい輸出用の中古車の清掃をするアルバイトをしました。
国産の中古車が次々と運び込まれて、1台まるまる清掃するという簡単な作業ですが、
車内に頭を突っ込んでの掃除機がけは意外にきつく、初夏ということもあり、汗だくになります。
業務用の大きな掃除機の先を細口に変え、ブラシでゴミを掻き出しながら掃除機で吸うのです。
マットを外に出し、マットの敷かれていた個所を隅から隅まで丁寧に吸い取り、座席シートも上に上げると結構汚い。
お菓子の食べかすやタバコの箱のフィルムや時には小銭まで。
犬を乗車させていただる車は毛の塊が出てきたり。
汚れやほこりが酷い車は最初にエアーで大まかなゴミを吹き飛ばしてから作業しますが、その時に飛んだゴミが汗だくの顔にビッタリくっつくので、
顔もかなり汚れました。
車が少ないときはガレージで待機することが多く、10人足らずの仲間と談笑。
これがかなり面白かった。
そんな時間があったので、すぐに仲良くなり、楽しく仕事をすることができました。
普通の乗用車がほとんどで、大体2人1組での作業ですが、たまにワゴン車が入ると3人で組んでの作業になることも。
後部のシートを剥し、車体むき出しにし、掃除機をかけ、予備のタイヤが乗っていたら降ろして掃除機。
体が小さい女性でも関係なしの力仕事です。
1台掃除完了まで大体15分。
かなりのハイペースで丁寧に仕上げなくてはいけません。
掃除機がけが終わると外へだし、水洗い。
それは男性の方がやっていたので、よくわかりませんが、ジャバジャバとすごい音がしていたのを覚えています。
1週間もすると仕事にも慣れ、流れも分かるようになり、楽しくてずっとここで働きたいと思うほどでしたが、
昔の上司から声がかかり、元の職業に戻ることになったので辞めてしまいましたが、きっかけがあればもう一度やってみたいアルバイトです。

 

後ろから見たお尻と太もも付近をスッキリさせて スキニーレギンスをかっこよく履きたい!!

お尻と太ももを綺麗に痩せたいです。

痩せにくい体質な私は、代謝を良くして、体幹も鍛えることのできるヨガ教室に通っています。家の近所にスタジオがあるので良く行っていますよ。

最初はうまくポーズもできなかったものの、慣れてくると、自然と身体も動き今では気持ちよくヨガをすることができています。気分もリラックスできるのでストレス発散にもなっていますね♪
スキニータイプのレギンスやジーンズを履くと、後ろ姿がみにくいのが悩みです。
仕方なく長めのトップスでお尻を隠すのですが、綺麗なお尻でレギンスやジーンズを履いている人を見ると
本当に素敵で羨ましいです。細い人を見ても羨ましいとも思いません。
お尻が綺麗な形でラインが美しい人にあこがれるのです。

ただ痩せるだけでは、綺麗には見えないので、運動して引き締めようと考えました。
いろいろ試しています。
まず、お尻に何か挟めるものを用意し、挟んで落とさないよう引き締める体操。
子供のヘアゴムで丸いボール型のが付いているデザインのものが、大きさ的にちょうどいいです。
でも、子供に見つかると嫌がられます。
テレビを観ながらやキッチンでお鍋の様子を見ながらだとか、洗濯物を干しながらだとか
家で立ってできることがあれば、するようにしています。ただ、家族には笑われます。
外では、エレベーターに乗っている時や、ひとりで誰かを待っている時などにはお尻を壁側に向けて太もも付近に力を入れたまま立ちます。
これも他人に見られたくない姿なので、一人の時限定のポーズです。
大変効果がある様子で、始めた当初は、太ももとお尻が筋肉痛になりました。
力を入れている時には、お尻を触ると硬くなっているのを必ず確認します。
そして、そのあと力を抜いて筋肉を緩めるのも大事。
意外でしたが、こっそりとこなしていることが、自分でも楽しくて続いていますが、3週間めに入った今日では、効果はまだ出ていません。
いつの日か、スキニーのレギンスやぴったりとフィットしたジーンズを履いて鏡の前に立った時あこがれのお尻になっているのを想像し、人知れず、引き締め体操をしています。

 

どんぶり勘定のせいで借金をしたことも・・・

専業主婦です。私には「決まった小遣い」というものはありません。なぜなら「予算もない」からです。平たく言うと「家計はどんぶり勘定」というわけです。

その結果、急な出費時にお金が足りなくて借金を高額ではありませんがしたことも・・・(レディースレイク審査※専業主婦の方も借りられるカードローン)

夫がお給料を頂いたらとりあえず数万円は私のお財布に入れますが、それはとくに小遣いというわけではなく日々の買い物(食材や消耗品など)に消えていきます。クレジットカードを利用することが多いので、とくに現金を持ち歩く必要もありません。ちなみに夫も「小遣い」というものはありません。お財布の中が寂しくなったらお札を少々追加するだけです。

うちの場合は厳密に言えば「小遣いがない」のではなく「小遣いの額が決まっていない」ということなので、考え方によっては夫のお給料の範囲内でなら利用可能額は無限大です。といっても現実的にはもちろん生活にはお金がかかりますので、自分の好きなように使える範囲はわずかです。女性ですので毎月化粧品などを購入しますが、例えば「化粧品のライン」でいえば中間ライン、つまり高級ラインではないものを購入しています。「クリームが2万円のライン」は揃えられませんのでせいぜい「美容液で5000円のライン」レベルのものを買っています。

さて、「自分の小遣いがなくて困ったこと」を考えてみました。もしもあらかじめ「小遣いの額」が決まっていれば毎月その限度額まで自由に自分のお買い物ができると思いますが、うちは決まっていないため、例えば自分用のシャンプーを買うときなど「この額はぜいたくすぎるか、そうでないか」をなんとなく考えています。迷います。ですから本当は「自分の小遣い額」という「予算」をあらかじめ決めておいたほうが、無駄遣いせずに賢く生活できるということなのでしょう。この記事を書きながら自分の経済活動をかえりみて、そう実感しました。

 

手取りで14万円

私の仕事は日払い7000円の肉体労働の仕事です。

毎日仕事があるわけではなく、月にだいたい20日働いたらいい方です。

月々の収入で計算すると、手取りで14万円ぐらいです。お世辞にも多いとは言えませんね。

いわゆる低所得者というやつです。

給料が少ないので、毎月ギリギリの生活で、贅沢なんて絶対に出来ません。もう少し給料のいい仕事を探せばいいだけなんでしょうが、中卒の私が働ける職場もありません。

こんな事なら、もっと頑張って勉強しておけばよかったって今更ながら後悔しています。