給料日前の苦しい一週間

毎月の給料日前の急な出費には殆ど対応できないので苦しんでいます。給料と言っても自営なので表現はおかしいのかもしれませんが、それでも毎月所定の日に決まった額だけを自分の給料として用意しています。給料日をずらせば済む事のように思われるかもしれませんが、取引先の関係などを考えると締日と給料日の関係でずらしてもさほど変化がないと判断できる状態になっています。

実際に毎月の収入と生活費や必要なお金のバランスは、本当に殆どゆとりがない状況で、ほぼ毎月のようにぎりぎりのラインで生活をしているので、突然の出費は本当に焦ります。毎月給料日の1週間前くらいに車のローンが引き落としされるのですが、ここから給料日までが厳しい1週間です。

ただでさえ、食費などは妻に節約をがんばってもらっているのに、これ以上は子ども達を含めた家族には無理はさせられないので、どうしても足りない時には、以前に契約をいておいた銀行のカードローンで借り入れを利用するようにしています。借りすぎが怖いので少ない限度額で申し込んであるので、使いすぎの心配は殆どないと言えますが、毎月少し借りては返済という感じになっています。

※家族のために借り入れを考えている方はコチラ

子ども達が、小さかったころは、突然の発熱や病気で病院などに連れて行ったりするだけで、生活費が冷や汗のでるような状況がしばらくの間続くのが習慣となっていました。ここ数年は子ども達も成長をしてくれたおかげもあり、病気やけがもない状況なので以前ほど冷や汗状態にはなりませんが、それでも数か月に一度は銀行のカードローンにお世話にならないと乗り切れない事もあります。

最近では、車のローン以外では大きなローンはないものの自宅のメンテナンスの時期が重なりはじめていて、毎年のように今年は屋根や外壁やと大きな出費が増えているのが、さほどの預貯金のない我が家としては、結果として毎月の生活費で冷や汗ものの生活をしている事になっています。

なんだか、冷静に考えてみるとずっと同じような事で毎月困っているのかと思うともっとがんばらないといけないと感じます。

Leave a Reply

CAPTCHA