どんぶり勘定のせいで借金をしたことも・・・

専業主婦です。私には「決まった小遣い」というものはありません。なぜなら「予算もない」からです。平たく言うと「家計はどんぶり勘定」というわけです。

その結果、急な出費時にお金が足りなくて借金を高額ではありませんがしたことも・・・(レディースレイク審査※専業主婦の方も借りられるカードローン)

夫がお給料を頂いたらとりあえず数万円は私のお財布に入れますが、それはとくに小遣いというわけではなく日々の買い物(食材や消耗品など)に消えていきます。クレジットカードを利用することが多いので、とくに現金を持ち歩く必要もありません。ちなみに夫も「小遣い」というものはありません。お財布の中が寂しくなったらお札を少々追加するだけです。

うちの場合は厳密に言えば「小遣いがない」のではなく「小遣いの額が決まっていない」ということなので、考え方によっては夫のお給料の範囲内でなら利用可能額は無限大です。といっても現実的にはもちろん生活にはお金がかかりますので、自分の好きなように使える範囲はわずかです。女性ですので毎月化粧品などを購入しますが、例えば「化粧品のライン」でいえば中間ライン、つまり高級ラインではないものを購入しています。「クリームが2万円のライン」は揃えられませんのでせいぜい「美容液で5000円のライン」レベルのものを買っています。

さて、「自分の小遣いがなくて困ったこと」を考えてみました。もしもあらかじめ「小遣いの額」が決まっていれば毎月その限度額まで自由に自分のお買い物ができると思いますが、うちは決まっていないため、例えば自分用のシャンプーを買うときなど「この額はぜいたくすぎるか、そうでないか」をなんとなく考えています。迷います。ですから本当は「自分の小遣い額」という「予算」をあらかじめ決めておいたほうが、無駄遣いせずに賢く生活できるということなのでしょう。この記事を書きながら自分の経済活動をかえりみて、そう実感しました。

 

Leave a Reply

CAPTCHA